矯正歯科サイト

愛知県安城市 歯列矯正治療専門歯科 地域密着35年 愛知県安城市城南町1-15-5 JR安城駅南口より徒歩15分

医療法人仁鈴会 祥南歯科医院
診療時間は、9:00 〜 13:00、15:00 〜 19:00
土曜の午後は、14:30 〜 18:00
休診日は、 木・日・祝日
電話でのご予約・お問い合せ
0566-74-4118
Top  > ブログ

新生児から使う抱っこ紐なら

と言っても、

新生児なら

出来るだけ寝かせておいてあげてほしいけど(^^;

ただ、上の子がいたり

ワンオペ育児もあるあるだし

どうしても必要な時もある抱っこ紐。

でしたらやっぱり

抱っこ紐デビューはスリング!

私こと、川崎です(^^;

これはもう四ヶ月頃になっちゃってるけど

首の座ってない頃は横抱きで使ったり。

縦抱きする頃にもまだ首は守りたいので

首元にミニタオルを挟んで即席枕にもなったり!

スリング便利です(^^)

背中の自然な丸みを大切に

腰が座る頃、周りが見たい過ぎて暴れるので

この子はスリングを卒業しました(^^;

へこおびも使っていたのですが

同じく周りが見たい過ぎて卒業です。

そしたらおんぶ。

それか正面を向いて使える抱っこ紐。

ですね!

正面を向いて使える抱っこ紐は

主に外出時に便利で

今度おすすめを紹介しますね(^^)

おんぶはおんぶひもが使いやすいですが

へこおびもおんぶができるので持っておくと便利です(^^)

なんにしろ、

「抱っこ紐」って誰のためのもの?

ここが大切です。

ママのための道具

なのか

赤ちゃんのための道具

なのか。

はたまた

ママと赤ちゃんのための道具か。

今世の中で流行っている抱っこ紐の多くは

ママのための道具が多いように思います。

腰が楽、肩が楽、持ち運び楽、おしゃれ…等々

超成長期の赤ちゃんが過ごす抱っこ紐は

赤ちゃんのためのものであってほしいなと思います。

そしてくどいけど

長時間は使わない方がよいです(^^)

そうそう。

眠いときは、

スリングやへこおびも活躍してくれます!

さっさと洗濯できるのもいいところ(^^)